日本代表U23 五輪切符!

日本代表U23、バーレーンを2-0で破って五輪出場を決めてくれました(^^)v 試合前半、気負いからか連携が悪く得点できなかったものの、後半は完全にペースを握り、後半10分に原口の左クロスに扇原が合わせて先制。14分には速攻で清武が追加点、爽快な勝利となりました。

注目は何といっても扇原。難しいシュートを決めたことはもちろん、好機を見逃さない洞察力とその後の機動性と判断力の良さはMVPものです。清武や原口、大迫らの個性に注目が集まる中、扇原のしっかりとしたMFとしての働きが、五輪で勝利するためにも大きなウェイトを占めそうです。

さて23歳以上を3選手招集できるオーバーエージ枠どうなりますか・・。これからも期待と楽しみが広がりそうですね(^^)

サッカー五輪最終予選。いよいよ「バーレーン戦」!

サッカー日本代表女子「なでしこ」はW杯優勝、アルガルベカップ準優勝で盛り上がり、五輪でも優勝の期待が膨らむ一方で、男子のU23代表は2/5にシリアに負けて一時はどうなるかと気を揉んでいました。2//22のマレーシアに大勝、シリアの負けにより、今日のバーレーン戦で勝つか引分けるかで五輪出場が決まります。

TVで沢登氏も解説していましたが、FWの突進力を生かす縦の攻撃の魅力。FW大迫が出場停止は痛いですが、MF扇原、清武らが如何に原口、大津などのFWに的確な縦パスが出せるかに注目です。

勝てばプレーオフの望みがあるバーレーン。前回と同様のロングボールを使って押し込んでくる攻めに対して、CB鈴木、浜田らが確実にはね返し、MF陣を含めた立ち上がりの守備を慎重に対応すれば良いかと想います。

2月のシリア戦で同点から不意を突かれたロングボールからの失点。マレーシア戦では、大量点欲しさの攻撃にも関わらず、CBとボランチを中心にした守りのバランスは取れていたとGK権田が言うとおり矯正できていました。

教訓の中で培った戦い方をベースとした落ち着いた展開が出来れば、価値のある勝利になると思います。今日20時、キックオフ! 成長感じる試合展開が楽しみです(^^)

今季はJ2 が面白い!?

Jリーグは今年20年目を向え、今季から基本的にJ1が土曜日、J2は日曜日の開催にする方向で日程が組まれています。J2は既に2節実施されましたが、好ゲームが多いのに驚かされます。

この理由のひとつとして、監督の采配に拠るところも大きいかと思います。新監督は山形の奥野監督、町田のアルディレス監督、千葉の木山監督、湘南のチョウ監督、松本の反町監督、徳島の小林監督、福岡の前田監督など、中にはJ1の実績ある監督も居ます。

J2時代のC大阪で香川、乾が大きく成長したように、最近のJ2は選手の育成の面で大きく機能していて、試合に出ることで実践力を養い成長に繋がっているように感じます。横浜Mの齋藤も昨季J2愛媛で出場機会が増えて成長したと思いますし。。

東京Vの川勝監督が19歳の小林に主将を任せてどうチームを引っ張らせるのも楽しみです。また、京都の大木監督、北九州の三浦監督など個性的な監督がどのように選手を起用して戦うか、など以外とJ1を観るより、実践で鍛えて成長する若手選手、新旧監督の腕比べなどJ見所が多いのが今年のJ2だと思います。

■第550回 minitotoB 予想結果(おつよん)

予想の結果、完敗です。もともとminitotoBの的中率はAに比べて悪いんですが、これだけ外れるとは・・。

押し気味の展開で磐田が決めきれずスコアレス・ドロー。新潟も後半の前線からのプレッシングも得点できず惜敗。柏はロスタイムに一瞬の隙を突かれてドロー・・。サッカーならではの紙一重の展開ではありましたが(^^;

——————————–
【第550回 minitotoBくじ結果】
1.札幌 0-0 磐田 = 0
2.川崎 1-0 新潟 = 1
3.大宮 0-1 F東 = 2
4.柏  3-3 横M = 0
5.北九 0-0 岡山 = 0

【第550回 minitotoB予想の結果】
1.札幌 – 磐田 = 2  ⇒×
2.川崎 – 新潟 = 0/2 ⇒×
3.大宮 – F東 = 2  ⇒○
4.柏  – 横M = 1  ⇒×
5.北九 – 岡山 = 1/0 ⇒○

minitotoBは開幕からの連敗を止めるべく次回の予想は、さらに頑張ります!!

■第551回 totoGOAL3 予想結果(おつよん)

こちらも前回に続く1等当せんはおろか、2等当せんも逃してしまいました。広島-浦和は得点の入る展開をイメージしたのですが、守りの指導が浸透している展開になったように感じます。

次回は予想の立て直し。開幕試合を徹底分析して頑張ります(^^;

【第551回 totoGOAL3結果】
1.仙台 得点1/くじ結果「1」 = 予想0/1 ○
2.鹿島 得点1/くじ結果「0」 = 予想0/1 ○
3.名G 得点1/くじ結果「1」 = 予想2/3 ×
4.清水 得点0/くじ結果「0」 = 予想0/1 ○
5.広島 得点1/くじ結果「1」 = 予想1/2 ○
6.浦和 得点0/くじ結果「0」 = 予想1/2 ×

■第551回 minitotoA 予想結果(おつよん)

J1開幕カードだけに予想は難しい・・とは言っても2つハズし。正直恥ずかしい結果となりました。しかし、BIGクラブの鹿島、浦和、G大阪が開幕戦で揃って負けたことってあったかなぁ、と驚いています。

minitoto当せん2連勝ならず。次回は初戦の内容を踏まえた予想精度を上げたいと思います(^^;

——————————–
【第551回 minitotoAくじ結果】
1.仙台 1-0 鹿島 = 1
2.名G 1-0 清水 = 1
3.G大 2-3 神戸 = 2
4.広島 1-0 浦和 = 1
5.鳥栖 0-0 C大 = 0

【第551回 minitotoA予想の結果】
1.仙台 – 鹿島 = 1/0 ⇒○
2.名G – 清水 = 1  ⇒○
3.G大 – 神戸 = 0/2 ⇒○
4.広島 – 浦和 = 0/2 ⇒×
5.鳥栖 – C大 = 2  ⇒×

■第551回 minitotoA 予想(おつよん)

J2に続いてJ1も開幕! これでtoto、BIGなど全くじ展開。今年こそ”夢”実現したいものです(^^)

まずはminitotoAの投票率状況で、各試合の投票率の高い順に予想2つを挙げるとそれぞれ以下となります。

【minitotoA 投票上位】
1.仙台 – 鹿島 = 2/1
2.名G – 清水 = 1/0
3.G大 – 神戸 = 1/2
4.広島 – 浦和 = 2/1
5.鳥栖 – C大 = 2/1

まずは投票率から見る鉄板試合。60%を超える名GとC大の「勝ち」をシングル予想としたい。名Gは各ポジションの選手力が上がっているのに対し、清水は選手の入れ替わりがマイナス要因。C大の対戦相手の鳥栖はやはり戦力として厳しく、ホームの利をどう生かすか。

投票率では50%超え支持率の高いG大は「大穴」試合を予想したいと思います。ACL初戦で大敗のG大は監督・コーチの指揮混乱の可能性など新しいチームとして機能するのに時間がかかりそうです。それに対して神戸はベテランの補強などが機能しそうな気がします。「0」を含めたダブルで。

鹿島も同様に約45%の支持率を集めるものの、新監督のMFの並びを替えての展開など浸透するには時間がかかりそうです。ホームで優位に戦える仙台に期待して「1」「0」のダブルにしたいです。

“ヨミ”にくいのが広島-浦和。浦和は阿部の復帰とペトロビッチ新監督の下、槙野を含めた3バックが機能するかなど戦術の浸透がどこまで進んでいるか見所満載です。「0」を基準に「2」とのダブルで待ちたい試合です。

【minitotoA 予想】
1.仙台 – 鹿島 = 1/0
2.名G – 清水 = 1
3.G大 – 神戸 = 0/2
4.広島 – 浦和 = 0/2
5.鳥栖 – C大 = 2

J2開幕の550回に続き「1等当せん」2連勝したいですね~(^^) 

■第551回 minitotoB 予想(おつよん)

minitotoBも投票率からダブル目を書き出すと以下となります。

【minitotoB 投票上位】
1.札幌 – 磐田 = 2/1
2.川崎 – 新潟 = 1/2
3.大宮 – F東 = 2/1
4.柏  – 横M = 1/2
5.北九 – 岡山 = 1/0

投票率の支持傾向から見る鉄板は、アウェイながら50%越えの磐田とF東、約55%の柏を挙げます。磐田は札幌に対して8勝1分1敗と圧倒的に強く、開幕戦に弱いジンクスを破りたいところ。F東はゼロックス、ACLでみせたポポヴィッチ新監督の攻撃的サッカーが大宮を圧倒しそうです。今野の抜けた穴も大丈夫でした。そして柏は、昨年の戦力を維持していて一体感ある戦いを既にしていることが魅力です。

「川崎 – 新潟」が最も難しく、投票率50%越えの川崎はホームの開幕戦ながら苦戦する・・大穴予想に挙げたいと思います。新潟のロペス、平井、矢野らがカウンターで仕掛ける展開が嵌ると見て、「2」と「0」のダブルで待ちたい試合です。

北九州は、岡山には過去2分2敗と勝利がないながら、開幕戦の徳島との善戦ぶりからも期待できそうです。「1/0」のダブルに期待します。

【minitotoB 予想】
1.札幌 – 磐田 = 2
2.川崎 – 新潟 = 0/2
3.大宮 – F東 = 2
4.柏  – 横M = 1
5.北九 – 岡山 = 1/0

2ダブル400円勝負! minitotoBの的中率が低いのはJ2試合が多くなるから・・の言い訳をしなくてすみますように(^^;

■第551回 totoGOAL3 予想(おつよん)

totoGOAL3の予想はサッカー的予想で考えても中々当たりません。ならば投票率の高い1、2位をベースにチーム状況を上して変更を加え、全ダブル買いで勝負する方法で頑張ります。
まず、投票率の人気状況は以下となります。

1.仙台 1/0
2.鹿島 2/1
3.名G 2/1
4.清水 1/0
5.広島 1/2
6.浦和 1/2

minitotoで予想しましたが、仙台優位と見ていること、鹿島のチームとしての機能がどうか・・を考えると、鹿島の「2」はなく「0」の可能性が高い予想にしたいと思います。

「名G」は攻撃が嵌り高得点もあると見て「2/3」で勝負。

得点でも”ヨミ”にくいのが「広島-浦和」で、浦和の守備がまだまだ機能しないとするなら支持率通りの予想が無難と考えます。
【totoGOAL3予想】
1.仙台 0/1
2.鹿島 0/1
3.名G 2/3
4.清水 0/1
5.広島 1/2
6.浦和 1/2

totoGOALは前回全ダブル買いで「1等当せん」、今回も続けて勝ちたいものです(^^;

J1開幕前のチーム戦力つぶやき ~ 鹿島 ~

2007年~Jリーグ3連覇、6つのタイトルをもたらしたオリベイラ前監督が、12月に急遽退任した影響が気になる鹿島。今季どんなチームになるんでしょうか?

監督経験のないジョルジーニョ新監督ですが、チームは2010年W杯ブラジル代表コーチとしての実績を評価して抜擢したようです。選手として黄金期を築いた経験からか、選手との対話を重視して距離を縮める指導を進めているそうです。

4-4-2のサッカーながら、トップ下を置くダイヤモンド型にMFの並びを変えてゴール前の人数を増やすようですが、新加入のFWジュニーニョとの連携を含め、機能するには少し時間がかかるような気がします。

田代、野沢が居なくなっても、柴崎、増田、大迫、西など力をつけていて楽しみが膨らむ中、鹿島ならではの伝統、スタイルをベテランから継承できるか・・世代交代をしながら優勝を見据えた戦い方ができるかに注目したいと思います。