その他

J1のV争いは、G大阪、浦和、鹿島の3強軸に展開!?

■G大阪 決定力ある攻撃は健在!

昨年3冠のG大阪は今シーズンも注目が集まるところですが、大きな補強はなくとも、MF遠藤を中心に宇佐美、パトリック、阿部と決定力にあふれる攻撃力は脅威です。また、東口と岩下を中心とする守備陣も充実している中で、中盤の要ボランチ今野の故障、開幕からしばらく出場できないのが唯一気になるところかと思います。

就任3季目の長谷川監督が、横浜Mから獲得した小椋などのどのよう起用していくか、注目です。
■浦和 補強で攻撃力更にアップ!

決定力不足解消の切り札として、ズラタン、石原、武藤、高木と4人ものFWを補強。独自の攻撃的サッカーに磨きがかかり、4シーズン目となるペトロビッチ監督の采配がはまれば威力を発揮する戦力は整っていると思います。

 

■鹿島 年間崩れない地力と若手の成長が魅力!

大きな補強なくとも伸び盛りの若手選手が多く、昨シーズンの自信と悔しさを糧に個々の伸びが期待そうです。MF柴崎を中心として、セレーゾ監督が若手を使いながら大崩れしない戦い方ができるか、に期待したいと思います。

 

■柏R・川崎・F東京が「3強」を追う展開 !?

「柏R」
オランダから大津が戻り、甲府からクリスティアーノが加入し、超攻撃的サッカーを目指す若い吉田新監督がどのような采配するか、注目が集まりそうです。
「川崎」
大久保、中村憲の強力ラインに C大阪から杉本を補強。4季目となる風間監督の攻撃的サッカーは今年さらに威力を増しそうです。
「F東京」
エドゥーの替わりとして磐田から前田を補強、ベテランならではの技術的プレーとともに武藤との連携が嵌れば、その破壊力は脅威となりそうです。

今年のJリーグ 大会運営方式と日程などについて

今年からJ1の大会方式が大きく変わったので、今一度確認してみたいと思います。

<新しい J1大会方式>
◆2ステージ + ポストシーズン制
・各ステージ ( 3/7~6/28、7/11~11/22 )は、1回戦総当たりのリーグ戦で全17節

・両ステージを合わせてホーム & アウェー

・ポストシーズン(PS)は、「スーパーステージ(SS)」「チャンピオンシップ(CS)」で開催。

・年間 勝点1位は、自動的にチャンピオンシップに進出

◆スーパーステージ(SS)
・各ステージの1位、年間 勝点2位・3位の合計4クラブでトーナメント(1回戦制)を行い、CS進出クラブを決める。

・年間 勝点1位 と SS進出クラブが重複した場合、該当クラブはCSに進出。各ステージ1位と年間 勝点2位、3位クラブが重複する場合は各ステージ1位クラブがシード。

・試合会場は各ステージ1位クラブのホーム。

◆チャンピオンシップ
年間 勝点1位 と SS勝利クラブが、ホーム & アウェーで対戦し、日本一を決定。

————————————————————————-

う~ん、判ったような気がするけど覚えにくいような(^^;
2014年J1リーグを2ステージ制だったと仮定してシミュレーションしてみると・・・、

第1ステージ優勝 : 浦和 / 第2ステージ優勝 : G大阪
年間 勝点 1位 : G大阪、2位 : 浦和、3位 : 鹿島

新大会方式に当てはめると、
第2ステージ優勝 G大阪
⇒ 年間勝ち点1位チームとして、チャンピオンシップ決勝にシード

第1ステージ優勝 浦和
⇒ 年間勝ち点2位でもあるため、チャンピオンシップ1回戦は行われない
チャンピオンシップ準決勝 ( 年間勝点で上位の浦和のホーム戦 )
第1ステージ優勝 : 浦和 vs 年間勝ち点3位 : 鹿島

上記勝者 vs G大阪 ( ホーム&アウェー方式で対戦 )

とにかく、「どちらかのステージで優勝するか、年間勝ち点で3位までに入らないとチャンピオンシップに出場出来ない」ので、各チームはこの枠を目指すことを考えて、戦うことになるんですね。

————————————————————————-

その他については、以下のスケジュールで開催となります。

■J2リーグ / J3リーグ
J2リーグ 22チーム / J3リーグ 13チーム (新たに レノファ山口FC 加入)

・J2リーグ 開幕 3月8日、最終節 11月23日
・J3リーグ 開幕 3月15日、最終節 11月23日
・ J1昇格プレーオフ   準決勝 : 11月29日、決勝 : 12月6日
・ J2 J3入れ替え戦   第1戦 : 11月29日、第2戦 : 12月6日

 

■ナビスコ杯

ACL本戦出場チームを除いた14チームを2グループに分けて実施

・グループリーグ 3月18日~6月3日 ( 1回戦総当たり )
・準々決勝 9月2、6日
・準決勝  10月7、11日 ( ホーム&アウェー方式 )
・決勝は  10月31日

 

J1 2013年の戦力分析と展望 (2)

2/21からtotoの販売も開始となり、BIGマンとボヤいてばっかりマンのCMも多く見るようになりました。加えて ACLも26日の今日開幕となり、広島、仙台、浦和、柏の4クラブが参戦。いよいよJリーグの開幕が近づいてきました。

展望(1)では、広島、仙台、浦和、柏、鹿島を上位候補としましたが、続く中位となりそうなチームをみてみたいと思います。
■名古屋グランパス
3シーズンぶりにACLが無いシーズンだけに、リーグ戦に注力して戦えることで、昨年のようなことは無いと思います。ただ大きな補強もなく、戦力的に変わらないのをどう評価すべきか難しいです。

【新戦力】
FW 矢野貴章 (新潟)
MF ヤキモフスキー (ヤヴォル・イヴァニツァ/セルビア)
FW チアゴ ペレイラ (渋谷幕張高)
DF 牟田雄祐 (福岡大)
DF ハーフナー ニッキ (名古屋グランパスU-18)
MF 望月嶺臣 (野洲高)
DF 本多勇喜 (阪南大)

■サガン鳥栖
昨季ホーム戦に強かったのに対して、エース豊田を中心に今季アウェイでどう戦うかに注目です。大きな流出もなく戦力を維持しているので、今年も他のクラブは手をやきそうです。

【新戦力】
MF ジョナサン ミジョナリオス(コロンビア)
FW ディエゴ オンセ カルダス(コロンビア)
FW ロニ サンパウロFC(ブラジル/期限付移籍)
DF 金正也 (G大阪/期限付移籍)
MF 水沼宏太 (横浜FM/完全移籍)
MF 末吉隼也 (福岡)
DF 金井貢史 (横浜FM/期限付移籍)
MF 高橋義希 (仙台/完全移籍)
DF 岸田翔平 (福岡大)
FW 平秀斗 (佐賀東高)
MF 清武功暉 (福岡大)
DF 坂井達弥 (鹿屋体育大)

■ジュビロ磐田
日本代表の伊野波を獲得し、FW中心に全体として層が厚いです。不振だったエースの前田が復調し、昨季のような開幕ダッシュをすると上位争いに食い込みそうな気がします。

【新戦力】
MF チョン ウヨン (京都/期限付移籍)
DF 伊野波雅彦 (神戸)
DF 菅沼駿哉 (G大阪/完全移籍)
DF 宮崎智彦 (鹿島/完全移籍)
GK 植村慶 (湘南/完全移籍)
MF 小林祐希 (東京V/完全移籍)
MF 田中裕人 (関西大)
GK 牲川歩見 (ジュビロ磐田U-18)

■川崎フロンターレ
ケガ人の多かった昨季途中から風間監督は指揮をとり8位だっただけに、戦術の浸透・確立が期待できる今季は更に上位もありそうです。不安定な守備が改善されるかがカギになります。

【新戦力】
GK 新井章太 (東京V)
FW 大久保嘉人 (神戸)
MF 森谷賢太郎 (横浜FM)
DF 中澤聡太 (G大阪)
MF 山本真希 (札幌)
DF 薗田淳 (町田/復帰)
FW パトリック (アトレチコ・ゴイアニエンセ/期限付移籍)
DF 田中雄大 (栃木/復帰)
FW 棗佑喜 (栃木/復帰)
FW 安柄俊 (中央大)

■横浜Fマリノス
堅守は健在ながら、貴重な得点源の谷口、大黒の放出で、得点不足解消は今季も続きそうです。層が薄いだけに、スタメンをの固定化とケガ人を出さないことが必要になりそうです。

【新戦力】
DF ジョン ドンホ (杭州緑城/復帰)
DF ファビオ アギアール (SC相模原)
FW 端戸仁 (北九州/復帰)
FW 藤田祥史 (千葉)
DF 田代真一 (町田/復帰)
DF 奈良輪雄太 (SAGAWA SHIGA FC)
MF 佐藤優平 (国士舘大)
MF 喜田拓也 (横浜F・マリノスユース)

今年のBIGのCMは? BIGマンはどうなる??

BIGマンとポヤいてばっかりマンが対決!?
最高6億円くじBIG 2013年TVCM第一弾 「vsポヤいてばっかりマン開幕篇」 が 2月21日(木)からスタートするそうです。
       
昨年に引き続きBIGマン(高田純次)がCMキャラクター。 様々な怪人たちと戦っていくんだとか。。

今回はその怪人シリーズ第一弾CMにあたり、ぼやきばかりを連発する “ボヤいてばっかりマン(野村克也)” が登場。 「当たりませんよ、そんなもの」、「夢も希望もないでしょ」などとぽやく”ボヤいてばっかりマン”の前に、BIGマンが登場。

適当なBIGマンにうんざりしている”ボヤいてばっかりマン”に対し、BIGマンが6億ビームを発射。6億ビームを浴びた”ボヤいてばっかりマン”は「なんか当たる気がしてきた」と、いつの間にかBIGを購入。その後、風船のように膨らみ「ホームラン~」と叫びながら空の彼方へ飛んでいき、BIGマンが勝利をするというストーリー。

更に・・・、3月中旬からは早くも第2弾CM「vsよけるマン篇」が放送となるんだとか・・。

スポーツ振興くじtoto 2013年シーズン販売概要

●2013年シーズンのスポーツ振興くじtotoは、2月21日(木) 8:00販売開始!

●BIGは、開幕から約41億円のキャリーオーバーが発生中!
 開幕から最高6億円当せんの大チャンス!

【商品】
●2013年から、BIGに6等追カロ! 昨年実績で推計すると、年間で当せん者が約260万人増えることに。

新たに追加される6等は、対象の14試合のうち、5試合はずれても当せん!
理論上の当せん確率は、75分の1!
2012年実績で推計すると、BIG 6等は、年間で約260万ロ、1開催回あたり
約7万6千口出ることになります!
今年のBIGは、6億円のチャンスに加え、当せんのチャンスも広まります!
【販売】
●新たに、全国のミニストップで販売開始!

●toto公式スマートフオンサイト開設

●toto公式サイトで『らくら<購入』サービス開始

【会員制度】
●現在Club toto会員は136万人。
 2013年から会員をランク化。ランクに応じて特典を得られるほか、貯めたポイントで応募できる賞品が豪華に!

J1 2013年の戦力分析と展望 (1)

2013年のtoto予想にも重要になる Jリーグ各クラブの戦力分析をしてみたいと思います。

ACL出場の広島、仙台、浦和、柏に、鹿島の5チームの戦力が充実しているように思います。ただ、戦力が充実しているからと言って、イコールV争い、上位になるとは限りないのですが。。

■広島
2連覇を狙う広島は、ACLとの並行日程による選手の疲労度が気がかりで、DF森脇の抜けた穴をどう埋めれるか気になります。新戦力としての大きな上積みがなく、2連覇は厳しいように感じます。

【新戦力】
MF 岡本知剛 (鳥栖/復帰)
MF 野津田岳人 (サンフレッチェ広島ユース)
MF キムジョンソク (春川機械工業高/韓国)
FW 浅野拓磨 (四日市中央工業高)
MF パクヒョンジン (高麗大/韓国)

■仙台
昨年はクラブ史上最高位の2位ながら、今年はACL並行日程で厳しい戦いになると思います。ボランチ角田が故障せず、シーズン通して働けるかがカギになるのではないでしょうか。

【新戦力】
MF 佐々木勇人 (G大坂)
GK 関憲太郎 (横浜FC/復帰)
MF 島川俊郎 (ブラウブリッツ秋田/復帰)
DF 和田拓也 (東京V)
DF 石川直樹 (新潟)
MF ヘベルチ (草津)
DF 蜂須賀孝治 (仙台大)

■浦和
昨年3位と着実に順位を上げ、オフの補強、ザック・ジャパン招集メンバーが少ないことから、リーグ戦に注力する環境が整えば、V争いに絡んでくる確率が高まりそうです。

【新戦力】
DF 永田拓也 (草津/復帰)
DF 那須大亮 (柏)
FW 興梠慎三 (鹿島)
MF 関口訓充 (仙台)
DF 森脇良太 (広島)
DF 槙野智章 (1.FCケルン/完全移籍)
FW 阪野豊史 (明治大)

■柏
優勝を目指すために必要な今オフの補強ができたのではないでしょうか。問題は、ACLとリーグ戦ともに制覇を目指したときのケガ人、疲労度が不安材料になってくると思います。

【新戦力】
DF キム チャンス (釜山/韓国)
FW クレオ (広州恒大/期限付移籍)
MF 太田徹郎 (山形)
MF 谷口博之 (横浜FM)
MF 狩野健太 (横浜FM)
DF 鈴木大輔 (新潟)
MF 中川寛斗 (柏レイソルU-18)
GK 中村航輔 (柏レイソルU-18)
MF 小林祐介 (柏レイソルU-18)
FW 木村裕 (柏レイソルU-18)
MF 秋野央樹 (柏レイソルU-18)

■鹿島
昨シーズン11位の屈辱から名門復活となりそうなビジョンを持った補強ができているように感じます。柴崎・大迫にダヴィを加えたFWが機能すれば優勝も見えてきそうですね。

【新戦力】
MF 川島大地 (山形/復帰)
MF 野沢拓也 (神戸)
FW 中村充孝 (京都)
DF 前野貴徳 (愛媛)
FW ダヴィ (ウム・サラルSC/カタール)
DF 植田直通 (大津高)
MF 豊川雄太 (大津高)

toto予想 ~555回 出場停止などの情報

J1チームの「出場停止」「欠場濃厚」情報まとめてみました。「欠場濃厚」は無理を押して出場する選手もいるため微妙情報でもありますが・・(^^;

 

【大宮 – 名G】
■大宮
出場停止:
欠場濃厚:DF鈴木、MF東

■名G
出場停止:
欠場濃厚:GK西村、DF新井、MF中村、MF田口、MF田中輝、FW高原
 

【F東 – 広島】
■F東
出場停止:MF長谷川
欠場濃厚:DF吉本、MF梶山、MF河野

■広島
出場停止:
欠場濃厚:DF横竹、FW平繁、MFイ

【浦和 – 川F】
■浦和
出場停止:
欠場濃厚:DFスピラノビッチ、DF岡本、MF山田直、FWエスクデロ

■川F
出場停止:
欠場濃厚:GK杉山

【磐田 – 柏】
■磐田
出場停止:
欠場濃厚:GK川口、DF山本脩、DF金沢、MFペク、FW山崎、FW金園

■柏
出場停止:
欠場濃厚:GK桐畑

【C大 – 仙台】
■C大
出場停止:DF藤本
欠場濃厚:MF吉野

■仙台
出場停止:
欠場濃厚:MF梁

【新潟 – G大】
■新潟
出場停止:
欠場濃厚:GK東口、GK黒河、DF鈴木大、MF中村

■G大
出場停止:
欠場濃厚:DFエドゥワルド、FW川西

【清水 – 札幌】
■清水
出場停止:
欠場濃厚:DF辻尾、MF杉山、MF八反田

■札幌
出場停止:
欠場濃厚:GK高原、GK曵地、MF芳賀、MF前、MF高柳、MF古田、MF砂川、FW横野、FW中山

【横M – 鹿島】
■横M
出場停止:
欠場濃厚:DF天野、FWマルキーニョス

■鹿島
出場停止:DF新井場
欠場濃厚:MF中田、MF本田

【鳥栖 – 神戸】
■鳥栖
出場停止:
欠場濃厚:GK室、DF木谷、MF高橋、MF船谷、MF早坂

■神戸
出場停止:
欠場濃厚:DF河本、FWペ、FW田代

 

不振のG大阪について思うこと

公式戦、ACLを含め5連敗となったG大阪は、26日にセホーン監督を解任しました。西野前監督の後任に、クラブは当初 呂比須氏を監督にする予定が、要件を満たしてなかったため、苦肉の策として、呂比須氏の師匠のようなセホーン氏を選出。将来の「呂比須監督」のつなぎの役回りだったように思います。

プロサッカーでは珍しい10年もの長期、攻撃サッカー西野体制から覚悟を持って対応する必要があるのに、クラブとしてのビジョンが足りなかった結果だと思わざるを得ません。

監督と戦術の意見が相反していた部分について、ボール回しをどうするかなど選手たちで話し合った結果、3/25 対磐田の試合は負けたもののパスワークが少しずつ良くなっています。まだまだ課題は多いものの、G大阪を熟知した松浪コーチが監督になることで、この危機を乗り切り、G大阪らしいサッカーの復活に期待したいと思います。

【情報~】

■新潟 DF 鈴木大の名G戦のケガはじん帯損傷で2~3週間かかるとのこと。

■大宮 MF 東の右足首捻挫は全治3週間だそうです。

どちらもU23に欠かせない存在なのでしっかり治して欲しいです。

日本代表U23 五輪切符!

日本代表U23、バーレーンを2-0で破って五輪出場を決めてくれました(^^)v 試合前半、気負いからか連携が悪く得点できなかったものの、後半は完全にペースを握り、後半10分に原口の左クロスに扇原が合わせて先制。14分には速攻で清武が追加点、爽快な勝利となりました。

注目は何といっても扇原。難しいシュートを決めたことはもちろん、好機を見逃さない洞察力とその後の機動性と判断力の良さはMVPものです。清武や原口、大迫らの個性に注目が集まる中、扇原のしっかりとしたMFとしての働きが、五輪で勝利するためにも大きなウェイトを占めそうです。

さて23歳以上を3選手招集できるオーバーエージ枠どうなりますか・・。これからも期待と楽しみが広がりそうですね(^^)

サッカー五輪最終予選。いよいよ「バーレーン戦」!

サッカー日本代表女子「なでしこ」はW杯優勝、アルガルベカップ準優勝で盛り上がり、五輪でも優勝の期待が膨らむ一方で、男子のU23代表は2/5にシリアに負けて一時はどうなるかと気を揉んでいました。2//22のマレーシアに大勝、シリアの負けにより、今日のバーレーン戦で勝つか引分けるかで五輪出場が決まります。

TVで沢登氏も解説していましたが、FWの突進力を生かす縦の攻撃の魅力。FW大迫が出場停止は痛いですが、MF扇原、清武らが如何に原口、大津などのFWに的確な縦パスが出せるかに注目です。

勝てばプレーオフの望みがあるバーレーン。前回と同様のロングボールを使って押し込んでくる攻めに対して、CB鈴木、浜田らが確実にはね返し、MF陣を含めた立ち上がりの守備を慎重に対応すれば良いかと想います。

2月のシリア戦で同点から不意を突かれたロングボールからの失点。マレーシア戦では、大量点欲しさの攻撃にも関わらず、CBとボランチを中心にした守りのバランスは取れていたとGK権田が言うとおり矯正できていました。

教訓の中で培った戦い方をベースとした落ち着いた展開が出来れば、価値のある勝利になると思います。今日20時、キックオフ! 成長感じる試合展開が楽しみです(^^)