J1 2013年の戦力分析と展望 (2)

2/21からtotoの販売も開始となり、BIGマンとボヤいてばっかりマンのCMも多く見るようになりました。加えて ACLも26日の今日開幕となり、広島、仙台、浦和、柏の4クラブが参戦。いよいよJリーグの開幕が近づいてきました。

展望(1)では、広島、仙台、浦和、柏、鹿島を上位候補としましたが、続く中位となりそうなチームをみてみたいと思います。
■名古屋グランパス
3シーズンぶりにACLが無いシーズンだけに、リーグ戦に注力して戦えることで、昨年のようなことは無いと思います。ただ大きな補強もなく、戦力的に変わらないのをどう評価すべきか難しいです。

【新戦力】
FW 矢野貴章 (新潟)
MF ヤキモフスキー (ヤヴォル・イヴァニツァ/セルビア)
FW チアゴ ペレイラ (渋谷幕張高)
DF 牟田雄祐 (福岡大)
DF ハーフナー ニッキ (名古屋グランパスU-18)
MF 望月嶺臣 (野洲高)
DF 本多勇喜 (阪南大)

■サガン鳥栖
昨季ホーム戦に強かったのに対して、エース豊田を中心に今季アウェイでどう戦うかに注目です。大きな流出もなく戦力を維持しているので、今年も他のクラブは手をやきそうです。

【新戦力】
MF ジョナサン ミジョナリオス(コロンビア)
FW ディエゴ オンセ カルダス(コロンビア)
FW ロニ サンパウロFC(ブラジル/期限付移籍)
DF 金正也 (G大阪/期限付移籍)
MF 水沼宏太 (横浜FM/完全移籍)
MF 末吉隼也 (福岡)
DF 金井貢史 (横浜FM/期限付移籍)
MF 高橋義希 (仙台/完全移籍)
DF 岸田翔平 (福岡大)
FW 平秀斗 (佐賀東高)
MF 清武功暉 (福岡大)
DF 坂井達弥 (鹿屋体育大)

■ジュビロ磐田
日本代表の伊野波を獲得し、FW中心に全体として層が厚いです。不振だったエースの前田が復調し、昨季のような開幕ダッシュをすると上位争いに食い込みそうな気がします。

【新戦力】
MF チョン ウヨン (京都/期限付移籍)
DF 伊野波雅彦 (神戸)
DF 菅沼駿哉 (G大阪/完全移籍)
DF 宮崎智彦 (鹿島/完全移籍)
GK 植村慶 (湘南/完全移籍)
MF 小林祐希 (東京V/完全移籍)
MF 田中裕人 (関西大)
GK 牲川歩見 (ジュビロ磐田U-18)

■川崎フロンターレ
ケガ人の多かった昨季途中から風間監督は指揮をとり8位だっただけに、戦術の浸透・確立が期待できる今季は更に上位もありそうです。不安定な守備が改善されるかがカギになります。

【新戦力】
GK 新井章太 (東京V)
FW 大久保嘉人 (神戸)
MF 森谷賢太郎 (横浜FM)
DF 中澤聡太 (G大阪)
MF 山本真希 (札幌)
DF 薗田淳 (町田/復帰)
FW パトリック (アトレチコ・ゴイアニエンセ/期限付移籍)
DF 田中雄大 (栃木/復帰)
FW 棗佑喜 (栃木/復帰)
FW 安柄俊 (中央大)

■横浜Fマリノス
堅守は健在ながら、貴重な得点源の谷口、大黒の放出で、得点不足解消は今季も続きそうです。層が薄いだけに、スタメンをの固定化とケガ人を出さないことが必要になりそうです。

【新戦力】
DF ジョン ドンホ (杭州緑城/復帰)
DF ファビオ アギアール (SC相模原)
FW 端戸仁 (北九州/復帰)
FW 藤田祥史 (千葉)
DF 田代真一 (町田/復帰)
DF 奈良輪雄太 (SAGAWA SHIGA FC)
MF 佐藤優平 (国士舘大)
MF 喜田拓也 (横浜F・マリノスユース)