サッカー五輪最終予選。いよいよ「バーレーン戦」!

サッカー日本代表女子「なでしこ」はW杯優勝、アルガルベカップ準優勝で盛り上がり、五輪でも優勝の期待が膨らむ一方で、男子のU23代表は2/5にシリアに負けて一時はどうなるかと気を揉んでいました。2//22のマレーシアに大勝、シリアの負けにより、今日のバーレーン戦で勝つか引分けるかで五輪出場が決まります。

TVで沢登氏も解説していましたが、FWの突進力を生かす縦の攻撃の魅力。FW大迫が出場停止は痛いですが、MF扇原、清武らが如何に原口、大津などのFWに的確な縦パスが出せるかに注目です。

勝てばプレーオフの望みがあるバーレーン。前回と同様のロングボールを使って押し込んでくる攻めに対して、CB鈴木、浜田らが確実にはね返し、MF陣を含めた立ち上がりの守備を慎重に対応すれば良いかと想います。

2月のシリア戦で同点から不意を突かれたロングボールからの失点。マレーシア戦では、大量点欲しさの攻撃にも関わらず、CBとボランチを中心にした守りのバランスは取れていたとGK権田が言うとおり矯正できていました。

教訓の中で培った戦い方をベースとした落ち着いた展開が出来れば、価値のある勝利になると思います。今日20時、キックオフ! 成長感じる試合展開が楽しみです(^^)